◆造船所◆

ここでは実際の各モデルの製作工程を紹介していきます。それぞれの船はスケール別に分けていますが、各スケールの数字の意味については『スケール(縮尺)について』にて記載させて頂きました。

■1/72艦隊

1/72というスケールは、航空機でおなじみのスケールになりますが、船舶模型にも少数ながら存在します。中型の潜水艦でも90cmという大きさになるので、ラジコンにはしやすい大きさです。

●レベル Uボート VIIC型 [U-Boat Type VIIC]
ハルの加工 WTCの加工 ハルの加工 2
【第1回】 【第2回】 【第3回】 【第4回】 【第5回】 【第6回】 【第7回】

●レベル Uボート VIIC/41型 [U-Boat Type VIIC/41]
Coming soon !

■1/144艦隊

1/144スケールのプラモデルは、日本ではガンプラや航空機が有名ですが、もちろん艦船プラモデルにも存在します。50mクラスの小型潜水艦から 100mクラスの駆逐艦まで数は多くないものの、何種類か発売されており、大きさ的にもラジコンに改造しやすい物が揃っています。単にディスプレイモデルとして作るにあたっても、1/150のNゲージとスケールが近いことからそれらの豊富なストラクチャ等が使用できるのも魅力です。

プラモデルではありませんが、海外の艦船ラジコンメーカーから1/144のスケールキットが各種出ており、手ごろな大きさや作りやすさも相まって人気を博しています。

●レベル 214型 AIP潜水艦 [U-Boat Type 214]
【第1回】 【第2回】 【第3回】 【第4回】 【第5回】 【第6回】 【第7回】 【第8回】

●レベル 212A型 AIP潜水艦 [U-Boat Type 212A]
Coming soon !

■1/200艦隊

このスケールは、ニチモの駆逐艦や護衛艦、それに戦艦が数隻出ているので知られています。海外のキットでは巡洋艦から戦艦まで何種類か出ているようです。

●アシェット(アマティ) 戦艦 ビスマルク [Bismarck] 
アシェットから発売開始された、"週刊"戦艦ビスマルクの建造記録です。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80
81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120
121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140

●ニチモ 陽炎型駆逐艦 不知火
【第1回】 【第2回】 【第3回】

■1/350艦隊

タミヤを始めとして、ここ数年で国内外各社から多くの種類が発売されるようになったのが、1/350の艦船プラモデルです。大きさも手頃な事から、ラジコンへ改造された艦船プラモデルとして一番多いのがこのスケールでは無いでしょうか。

駆逐艦などの小型艦では30cmほどの大きさになるため、ラジコンにするには適さない大きさですが、巡洋艦や戦艦ともなれば、60cmを越える大きさになり、ラジコン化もかなり容易になります。

●タミヤ キング・ジョージV世級 戦艦 プリンス・オブ・ウェールズ
[HMS Prince of Wales]

【第1回】序章 【第2回】 ハル整形 【第3回】 スクリューシャフト固定

■その他スケールの艦隊

艦船模型には、上記スケール以外にも様々なスケールのモデルが存在します。

●たもつ模型 1/80 Uボート XXI型 [U-Boat Type XXI]
Coming soon !


TopPage